バイトでできる医療のお仕事!


あとで読む

事務職が活かせる

仕事で経験を活かせることは、重要なことでしょう。
そうであるからこそ、中途採用が行われているとも言えます。
医療の職種であっても、経験が大事であり、医師での転職などが行われています。
しかし、医療の職種の中でも、医療とは違った経験があっても、過去を活かせるような職種があります。
それが医療事務です。
これは、病院などに勤め、健康保険に伴う診療費請求書の作成を主要業務とします。
現在の健康保険は、患者は3割負担となっていますが、残りの7割を病院が肩代わりしていることになっています。
そのため、健康保険組合などに、肩代わりしたお金を請求することになります。
それには、書類を用意する必要があり、医療事務において、請求書として作成するようになります。
かつては、手計算などをし、請求書を作っていたようですが、今ではコンピュータが進んでいるため、専用ソフトなどに入力するだけで、プリントアウトまでが可能となっているようです。
以上のほか、受付なども、医療事務が行います。
急患受付があれば、夜勤が発生する可能性があります。
その点も、重々認識しておくべきでしょう。
なお、医療事務では、アルバイトばかりでなく、派遣でも就業できます。
さらに、資格は必要ないですが、公的資格があります。
未経験であれば、取得しても無駄にはならないでしょう。
その場合、面接などで、アピールをすることが大切です。
仮に事務経験があれば、それを関係付けながら、的確な自己表現が大事になるでしょう。

Copyright (C)2017バイトでできる医療のお仕事!.All rights reserved.