バイトでできる医療のお仕事!


あとで読む

多様化する医療での就業

今の日本では、正規と非正規の雇用形態をあることをお話しました。
このサイトでは、医療のアルバイトに特化して説明して来ましたが、それだけ、雇用形態も多様化し、いろいろなところに影響を及ぼしているようです。
これもまた、経済的なことが、社会の隅々まで関係していることの表れなのでしょう。
しかし、医療のような専門分野では、少々違う面があるようです。
医師の中でも、あえてアルバイトをしている人がいます。
あるいは、看護師であっても同様です。
いずれも、国家資格であるため、アルバイトでなくても、就業できると考えがちです。
しかし、国家資格を取得しているからこそ、そうなるのでしょう。
医師であれば、独立開業できるのに、それもせず、アルバイトをするということは、それだけ自分の価値観に従っていることです。
もちろん、研修医のようにアルバイトで就業せざるを得ない人もいます。
しかし、それだけではないということを重々承知しておくことも大事でしょう。
いずれにせよ、今後も、医療の世界では、色々な働き方をする人が出て来ることでしょう。
少子高齢化で、人手不足が深刻になる可能性があります。
しかし、ある意味、アルバイトで医療の職種に就業できることは、人手不足解消につながる可能性もあります。
もしかしたら、限定された中で、再就職というものが、大きな注目を集めるかもしれません。
そうなれば、他の分野にも、大きな影響を与える可能性もあるようです。

Copyright (C)2017バイトでできる医療のお仕事!.All rights reserved.